石けん

最もシンプルな洗顔料。純石けんとは

当サイトで紹介しているミネラルコスメは、クレンジング剤が不要で石けん洗顔・洗顔料だけでおちるミネラルコスメだけ。自分が毎日使うものだから、しっかりと純石けんのことを知っておきたいと思い、ここにまとめました。

石けんで落ちるミネラルコスメを使うなら
知っておきたい、純石けんのこと

純石けん

純石けんってなあに?

 

ミネラルコスメを落とす際の石けんや洗顔料についての指定はどのブランドもないので、好みの洗顔料を使うことができる。個人的には、基礎化粧品を一切使用しないスキンケアをしているため、ミネラルコスメを落とすのに使っている洗顔料は、特別な美容成分を含まない最もシンプルな洗浄料『純石けん』の固形石鹸だ。

純石けんの前に、石けんそのものについて考えてみたい。純石けんは、石けんのなかでもっともシンプルなものだから、石けんについて知ることが近道なのだ。

 

石けんとは

見た目から石けんを考えると、白くて丸いシンプルな石けん、オイル成分の多い透明な石けん、カラフルな石けん。用途から石けんを考えると、身体に使う石けん、顔に使う石けん、洗濯や掃除に使う石けんがある。形状は、固形石けん・粉石けん・液体石けん、どれもある。

普段目にする石けんをざっとあげると余計に『石けんとは』の答えがわからなくなってしまうのではないだろうか。例えば、見た目が固形の洗顔料は石けんだと思いがちだが、実は石けんではなく、合成界面活性剤でできているものもあるのだ。

石けんの特徴とは
・石けんの洗浄成分は、『石けん』という界面活性剤であり、合成界面活性剤ではない。
・石けんの原料は、動植物の油脂。
・石けんをつくる工程は、油脂に水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)もしくは、水酸化カリウム(苛性カリ)を加えて作る。

界面活性剤と聞くと悪いイメージがある。しかし、本来混ざり合わない油と水を混ぜることができるのは、界面活性剤の働きであり、石けんも界面活性剤の一種だ。

だが、石けんは界面活性剤の中で特別だ。界面活性剤の中で『石けんは石油を使わない、界面活性剤』なのだ。石けん以外の界面活性剤は、全て石油系合成界面活性剤といわれる。

 

洗顔料や洗浄成分のうち、石けんを見分ける方法

石けんの特徴を確認したが、実際に店頭なりネット上なりでお目当ての洗顔料が石けんなのか、そうではないのかをぱっと見分けるのは簡単だ。

現在メイク落としに使用している純石けんは、『シャボン玉石けん浴用』という固形石けんなのだが、シャボン玉石けんの原材料表示をみてみよう。

原材料表示には石けん素地100%・浴用と記載がある
シャボン玉石けん
化粧石けん 無添加シャボン玉 浴用

 

成分:石けん素地

シャボン玉石けん裏 2

原材料に『石けん素地』と表示があるのが石けん

 

『シャボン玉石けん浴用』は純石けんなので、石けん素地としか記載がないが、原材料にオリーブオイルやハーブを使っている石けんでも、石けん素地と書かれていれば石けんという種類に分類される。

同時に、『脂肪酸ナトリウム』・『脂肪酸カリウム』
も石けんのことを指す

 

もしくは、原料表示に『脂肪酸ナトリウム』『脂肪酸カリウム』と記載があればこれも石けんだ。石けんの原料表示は『石けん素地』と書かれている場合と、『脂肪酸ナトリウム』『脂肪酸カリウム』と書かれている場合がある。

この原材料表記の違いには、大きな意味がある。

身体・顔に使えると分類されている石けんの場合
『石けん素地』と表記

身体以外の用途、掃除・洗濯・台所用石けんの場合
『脂肪酸ナトリウム』『脂肪酸カリウム』と表記

 

身体に使えるか、そうではないかで石けんの表記を変える必要が、法律上あるのだ。そのため、顔や身体を洗うために作られた化粧石けんの原料表示は『石けん素地』となっている。

 

石けん成分=脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムとは

固形石けんの成分は脂肪酸ナトリウム、液体石鹸の成分は脂肪酸カリウムである。固体と液体の違い。石けん成分『脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム』は、とてもシンプルに作られている。

 

 

脂肪酸ナトリウム / 脂肪酸カリウムとは、

動植物性油脂(牛脂・パームヤシ油など) に 苛性ソーダ/カリ を反応させるとできる

 

実験アイキャッチ

 

[table caption="固形・液体石けん 原料の違い" width="750" colwidth="20|20|20|20|20" colalign="left|left|center|left|right"]
分類;原材料①;原材料②;①と②が反応して出来上がるもの;反応後の状態
固形石けん;動植物性油脂;苛性(かせい)ソーダ;脂肪酸ナトリウム;固形
液体石けん;動植物性油脂;苛性(かせい)カリ;脂肪酸カリウム;ジェル状(水を足して液体にする)
[/table]

※苛性ソーダ(かせいソーダ)・・・液体石けんを作る場合は苛性カリを使用する。また、苛性ソーダは水酸化ナトリウム、苛性カリは水酸化カリウムを指す。

※石けん成分『脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム』を作る方法は、「ケン化法」「中和法」の2種類ある。

 

 

原料の動物性油脂・植物性油脂を反応させることで、油を乳化させる役割(界面活性剤の役割)を持ったものが脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム。石けんは非常にシンプルな原料なため、『何の油脂が原料に使われているか』で石けんの性質が大筋決まってくる。

 

石けん成分『脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム』の成り立ちを確認したところで、成分表示の疑問に戻りたい。

 

石けん素地とは?

 

固形の純石けんの成分には『脂肪酸ナトリウム』と書けば分かりやすいのに、なぜ『石けん素地』と表記されるのか。

 

同じ石けん成分でも、身体に使える石けん(化粧石けん)と身体に使えない石けん(洗濯・台所・掃除用石けん)で成分表示の仕方を変えなくてはいけない法律上のきまりがあると前述した。

『石けん素地』

身体に使ってよいと分類されている石けんの成分表示

 

脂肪酸ナトリウムのことを『石けん素地』と表記している理由は、これは『化粧石けん』です、身体に使っても大丈夫な石けんです。ということを表すためだ。

化粧石けんとは、身体に使う石けん全般のことを指しており、浴用・顔用石けんなどの総称である。シャボン玉石けんのパッケージにも大きく『浴用』と書いてあり、身体に使って良い石けんだということがわかる。

 

[table caption="化粧石けんと洗濯用・洗剤用石けんの法律上の違い" width="750" colwidth="30|40|30" colalign="left|left|left"]
用途;規制される法律;成分表示の違い
洗濯用・洗剤用石けん;家庭用品品質表示法; ■脂肪酸ナトリウムと成分名のまま表示
化粧用・浴用石けん;薬事法; ■ 脂肪酸ナトリウムは”石けん素地”と表示。 ■ 脂肪酸カリウムは”カリ石けん素地”と表示。
[/table]

では、化粧用・浴用石けんのうち純石けんとは何を指しているのだろうか。

 

純石けんとは

石けん素地(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)が93%以上のものを純石けんと呼んでいる。これは、化粧用・浴用石けんを定めている薬事法で決められた基準だ。

 

純石けんは石けん素地100%である必要はないので、もし石けん素地93%だとしたらあとの7%は何が含まれているか確認をした方がより安心だろう。

 

純石けんのなかでも、石けん素地100%の固形石けんはこちら
カウブランド無添加石けん
カウブランド 無添加せっけん
シャボン玉固形石鹸
化粧石けん 無添加シャボン玉 浴用

ミヨシ固形石けん

ミヨシ 無添加石鹸 白いせっけん

 

 

これら3つの固形石鹸は、石けん素地100%なので成分表示に差はない。しかし、原材料に使われている油脂の種類が異なるために、洗い上がりに差がでるのだ。

石けん洗顔をはじめる場合にどの石けんにしようか迷ったら、最もシンプルな原料で作られた純石けんをまずは選ぶと良い。もちろん、洗顔料として石けんを選ぶ際に、”石けん素地100%純石けんがベストとは限らない”ということを念頭に置く必要はある。今現在シャボン玉の純石けんを使っているが赤みが出ることもあるし、 洗浄成分100%ということは人によっては刺激が強い場合もあるからだ。

 







-石けん