エトヴォス(ETVOS) ファンデーション

[エトヴォス]人気のルースファンデーション2種類の違いと選び方「マットスムース」「ディアミネラル」【肌質・成分・仕上がり一挙公開!】



[ETVOSエトヴォス]
人気のルースファンデーション
「マットスムース」「ディアミネラル」2種類の違いと選び方
【肌質・成分・仕上がり一挙公開!】

エトヴォスセミマットファンデーション

お肌に優しく石けんで全てのメイクが落とせることで人気のミネラルコスメetvos(エトヴォス)。

今回の記事では、etvos(エトヴォス)で人気の2種類のルースファンデーションについて取り上げています。

ルースファンデーションはお粉のタイプのファンデーションのことで、etvos(エトヴォス)のファンデーションの中でも人気上位に位置しています。

etvos(エトヴォス)のルースファンデーション2種類の特徴や違い、つけ心地についてまとめています

2種類の違いの前にそもそもetvos(エトヴォス)のルースファンデーションにはどんな特徴があるのか知りたい!という場合は「[ETVOSエトヴォス]肌に優しいETVOSの人気ミネラルファンデーション・ルースタイプ4つの魅力」の記事を参考にして下さい。

etvos(エトヴォス)お得な初回限定セットはカバー力の高いマットタイプ

 

ETVOSルースファンデーション2種類

エトヴォスの4タイプのファンデーションの中で、最もシンプルな原材料でできているのが今回の記事で取り上げるお粉タイプの『ルースファンデーション』です。

etvosルースファンデーションには、仕上がりによって選べる2タイプが用意されています。

まずそれぞれのファンデーションの特徴を確認していきましょう。

マットスムースファンデーションの特徴

マットスムースミネラルファンデーション

  • セミマットな仕上がりに
  • 保湿コーティングパウダー配合で密着力が高くくずれにくい
  • 毛穴を目立たせずにナチュラルにカバー
  •  軽い仕上がりなのにSPF30 PA++で紫外線対策もOK
  • 時間が経ってもくすみにくい高精度マイカを使用

お得なetvos初回限定セットに入っているのはマットスムースミネラルファンデーションです

ディアミネラルファンデーションの特徴

ディアミネラルファンデーション

  • ナチュラルで軽く、ツヤ肌の仕上がりに
  • etvos(エトヴォス)ファンデ中で最もシンブルな原材料
  • 軽い仕上がりなのにSPF25 PA++で紫外線対策もOK
  • 油分の出やすい夏にもさらっとしたつけ心地
  • 時間が経ってもくすみにくい高精度マイカを使用

ディアミネラルファンデーションの方がマットスムースファンデーションよりも軽くツヤ肌に仕上がるタイプです。

カバー力を求めるならマットスムースタイプ、ツヤナチュラルに仕上げるならディアミネラルタイプ。

というのが基本の考え方ですが、ディアミネラルタイプ・マットスムースタイプのどちらが自分のお肌にあっているのか?が綺麗に見せるには大事なことです。

etvos(エトヴォス)ルースファンデーションの選び方を更に詳しくみていきましょう。

【肌質から選ぶ】etvosルースファンデーションの選び方

ファンデーションの種類を選ぶ際に最初に考えたいのは自分の肌質です。

肌質

  • ディアミネラル(ツヤ) タイプは脂性肌・混合肌・普通肌の方に
  • マットスムース(セミマット) タイプは脂性肌・混合肌・普通肌・乾燥肌の方に

つまり

セミマットタイプはどの肌質の人でもOK!
ディアミネラルのツヤタイプは、乾燥肌以外ならOK!

ということです。

図にすると下記のような感じです。

エトヴォスのルースファンデーションの選び方

後で詳しく原材料も見ていきますが、ディアミネラルタイプのファンデーションの方が少し油分が少ないんです。そのため乾燥肌の人は少しカサつきやすくなってしまいます。

中には乾燥肌でも合うという口コミもありますが

自分の肌 (乾燥肌) には、マットスムースミネラルファンデーションよりも、こちらのディアミネラルファンデーションの方が合っている模様。

乾燥肌の方は秋冬になるとディアミネラルファンデーションでは乾燥を感じやすいという声が多くみられました。

私は乾燥肌なのでディアミネラルファンデーションは少し乾燥しました。
マットスムースミネラルファンデーションの方が合う感じでした。
いつもはマットスムースを使っています。
マットスムースに比較してディアミネラルファンデーションは
・つや感がでる
・乾燥が気になる

秋冬はディアミネラルファンデーションだと乾燥が気になったので部分使いしています。
つや感がキレイなのでTゾーンと頬の高い部分にだけこちら、他はマットスムースを使っています。

マットスムースタイプ・ディアミネラルタイプとそれぞれに特徴があるので、季節や部分的に使い分けるのもいいですよね。

肌質から選ぶETVOSルースファンデーションまとめ

マットスムース
(セミマット肌)タイプ
ディアミネラル
(ツヤ肌)タイプ
脂性肌
混合肌
普通肌
乾燥肌×

マットスムースタイプのファンデーションは、守備範囲が広くどんな肌質の人でも使えるようになっている万能ルースファンデーションということが分かりました。

そのため、自分の肌質に迷ったらマットスムースファンデーションを選ぶと良いでしょう。

エトヴォスのルースファンデーションセミマット

お得なetvos初回限定セットに入っているのはマットスムースミネラルファンデーション

ETVOS公式サイト

 

【成分から選ぶ】etvosルースファンデーションの選び方

ここまで、肌質からルースファンデーションを選んできましたが、次は2つのETVOSルースファンデーション「マットスムースファンデーション」と「ディアミネラルファンデーション」の使用されている原材料を比較してみましょう。

マットスムースとディアミネラル成分比較

マットスムース
(セミマットタイプ)
ディアミネラル
(ツヤ)タイプ
 マイカ
シリカ
酸化亜鉛
ステアリン酸 ×
酸化チタン ○
水酸化AI ○
酸化鉄 ○
プセウドジマツクバエンシス
(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)
発酵物
 ○ ×
ラウロイルリシン(+/-) ×

2つのルースファンデーションはほとんど成分に差がなく基本となる天然鉱物成分は同じです。

ただ、ディアミネラルファンデーション(ツヤタイプ)は使用されている成分がたった7つというのは注目すべき点です。

ディアミネラルは原材料が7種類のみ

etvos(エトヴォス)ディアミネラルファンデーションの成分

エトヴォスの中で最もシンプルな成分で作られているファンデーションが、このディアミネラルなのです。

そのため、敏感肌で少しでも肌に優しいファンデーションを選びたい場合は、ディアミネラルファンデーションを選ぶと良いでしょう。

ディアミネラルファンデーションを詳しく

ディアミネラルとマットスムースの成分の違い

ディアミネラルファンデーションとマットスムースファンデーションの成分の違いにスポットを当ててみると、マットスムースファンデーションにはディアミネラルに含まれていない2つの成分が使用されています。

マットスムースに特徴的な2つの成分とは

  • 「プセウドジマツクバエンシス(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物」
  • 「ラウロイルリシン(+/-)」

です。

この2つの成分は、肌になめらかさを与えメイクのりをよくする効果があります。

またこの2つの成分には乾燥を防ぐ効果もあるため、マットスムースは乾燥肌でもOKなことに納得がいきます。

お得なetvos初回限定セットに入っているのはマットスムースミネラルファンデーション

 

ここまで、エトヴォスの2つのルースファンデーションに合う肌質と使われている原材料の違いについて見てきました。

最後に、ディアミネラルファンデーションとマットスムースファンデーションの仕上がり感を比較してみたいと思います。

【仕上がりから選ぶ】etvosルースファンデーションの選び方

ディアミネラルファンデーションの仕上がり

まずは、エトヴォスの中で最もシンプルな成分で出来ているディアミネラルファンデーション(ツヤ)の仕上がり感。

エトヴォスのディアミネラルファンデーションのつけ心地

ディアミネラルは、ナチュラルでツヤ感重視。

マットスムースファンデーションの仕上がり

次は、どんな肌質でもオールマイティーに使えるマットスムースミネラルファンデーション(セミマットタイプ)の仕上がり感。

エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーション

肌表面の均一化ができるのは、マットスムースタイプの方。

仕上がりの比較

実際に、ディアミネラル(ツヤ)とマットスムース(セミマット)を肌にのせて比較してみると・・・

エトヴォスのディアミネラルとマットスムースの比較色味#35

ファンデーションの色味はディアミネラル・セミマット共に、#35(明るめの標準的な肌色)。

#35(明るめの標準的な肌色)は人気のある色です。

左側の肌にのせたディアミネラルの方が、さらっとしています。つけてみるとすぐに感じます。さらっとしているので、確かに乾燥肌だと保湿感が物足りない感じがします。

管理人は乾燥肌・敏感肌です

乾燥肌の管理人の肌にはセミマットの方がしっとりしていて肌馴染みが良いような感じです。

先ほど、腕にのせたファンデーションを馴染ませてみました。

エトヴォスのディアミネラルとマットスムースの比較色味#35

右側のマットスムースの方が、肌に馴染んでいますね。

ディアミネラルは、少し毛穴が目立っているのがわかりますでしょうか。

乾燥肌の管理人の肌だと油分の多いマットスムースファンデーションの方が肌馴染みが良いことがわかりました。

前述にあるように肌質によって肌馴染みが変わってきますので、ぜひご自身の肌質からファンデーションを選んでみてくださいね。

 

etvosルースファンデーション選び方のまとめ

重要/ポイント/解説

この記事ではetvos(エトヴォス)のルースファンデーション2種類「ディアミネラルファンデーション」と「マットスムースファンデーション」の違いを『肌質』『成分』『仕上がり』の3つの視点から比較しました。

「ディアミネラルファンデーション」と「マットスムースファンデーション」の基本的な違いを再確認しておきましょう。

ディアミネラル
(ツヤタイプ)
マットスムース
合う肌質脂性肌・普通肌・混合肌脂性肌・普通肌・混合肌・乾燥肌までオールマイティー
紫外線対策SPF25 PA++SPF30 PA++
ファンデーションの色味5色5色
成分マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄マイカ、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、(+/-) 酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、糖脂質

糖脂質とプセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物は同成分

etvosルースファンデ選び方

  • ディアミネラルはツヤタイプでナチュラル重視派に
  • マットスムースはセミマットタイプでカバー力も欲しい方に
  • 乾燥肌はマットスムースタイプがよりおすすめ
  • マットスムースタイプには肌を滑らかにする成分配合
  • 季節ごとの使い分けしてもGood
  • ディアミネラルはetvosの中でも最もシンプルな原材料からなるファンデーション
  • どちらもクレンジング不要で石けんオフ
  • 迷ったらオールマイティタイプのセミマットから試すのがおすすめ

 

etvos(エトヴォス)のミネラルファンデーションの中でも人気の高いルースファンデーション2種類について詳しくみてきました。

敏感肌だからとにかく原材料の種類が少ない方がいいという方以外は、迷ったらまずはどの肌質でも使えるマットスムースから試してみるのがオススメです。

逆に敏感肌でどのファンデーションも荒れてしまうからとにかく肌に優しいものを。という方は「ディアミネラルタイプ」から試すと良いでしょう。

管理人は当初ディアミネラルタイプを使っていたのですが、肌馴染みの良さと乾燥のしにくさから主にマットスムースを使うようになりました。(乾燥肌なので)

etvos(エトヴォス)ではファンデーションのサンプル販売や初回限定セットもありますので、両方のファンデーションを気軽に試せるのが嬉しい点です。

初回限定セットに用意されているのはマットスムースタイプで、下地やフェイスブラシも付属して送料無料2,420円ととてもお得です。

ディアミネラルタイプには初回限定セットはありませんがサンプル販売がありますので、ぜひ併せて試してみてくださいね。

 

etvosルースファンデーション改定情報

色味

DATE対象更新内容
2017年5月25日マットスムースミネラルファンデーション4色から5色展開へ 新色:健康的な肌色オークル#50

名称変更

ミネラルファンデーション(ツヤD)ディアミネラルファンデーション
ミネラルファンデーション(マットM)マットスムースミネラルファンデーション

 


この記事を読んだ人に読まれています






-エトヴォス(ETVOS), ファンデーション
-, , ,